晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久々に本の紹介です。

「さくら色~オカンの嫁入り」

「ゆうやけ色~オカンの嫁入りその後」

咲乃月音 著


「二十歳のころから、女手ひとつで、娘を育てる看護師のオカン。
娘の月子は、そんなオカンが大好きだ。

ある日、泥酔したオカンが、捨て男(研二)という
月子と年の変わらない若い男を拾って帰ってくる。
オカンは研二と結婚すると言う。
月子はオカンの結婚を受け入れることができるのだろうか。」

この小説、全編こってこての大阪弁で書かれています。
それが、読んでいてとても心地よいのです。

111117-1
(これが、めっちゃええねん!!)


これがもし標準語で書かれていたら
この味はでなかっただろうなと思います。


映画にもなったので、ご存知の方も多いでしょう。

私は、DVDで観ましたが、
配役の中にどうしても、小説を読み進めていくのに
年齢設定の合わない俳優さんがいるのです。
そのイメージを払いのけるのに苦労しました。
だから、映画を観る前に本を読むことをお勧めします。


そして、どうしてこの本をお勧めしたかというと、
この本の後編の最後に
番外編として、
この家にいる犬ハチの「一人語り」がついているんです。
もちろん、作者がハチの気持ちを想像して書いているんですけど、
家にいる犬って、ほんとうにこんなことをかんがえているんだろうなあと
思えます。


小説の中でも、このハチが実にいいスパイスになっているのですが、
最後に、「一人語り」がきたか!そうきたか!

これが実にいいんです。


111117-2
(犬の一人語り!! ぼくも負けられへん!)



私は、電車の中で読んでしまって、
最後に涙ウルウルで、
ほんと、恥ずかしかったです。


この番外編を読むためにも(この番外編だけ読んだらダメですよ)、
ぜひ2冊の小説を読んでみてください。

111117-3



文庫本ですが、行間がとても広いので
すぐに読めますよ。












*******************************************

【ここまで読んでくださって ありがとう!!】

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります


******************************************

メールフォームでメールをいただいても、こちらに届かないという
トラブルが出ています。

私は、頂いたメールには、1週間以内には、必ずお返事をしております。
万が一、メールをくださっても1週間以内に返事が届かない場合は、
お手数ですが、
鍵コメで、連絡をしてくださるようにお願いいたします。
スポンサーサイト
2011.11.17 / Top↑
去年は頭の中がいっぱいでぜんぜんできなかった
読書と映画鑑賞を今年はいっぱいやろう!と
思っているのですが、
なかなか「これ!!」っていうものに出会えず、
紹介もできません。
とくにオススメっていう本ではありません。

世の中で、すごく評判がいいものに
自分が共感できないと
ちょっと不安になります。

世間でとっても評判のいい本をいくつか紹介。


110206-1



「四十九日のレシピ」 伊吹有喜 著

大評判の本です。

「乙美さんは、主人公の継母です。
小さいころ、父親の再婚でやってきた人です。
その乙美さんが亡くなりました。
父親は70歳、乙美さんがなくなった悲しみで
おしつぶされそうになっています。
主人公は、子供のころから、あからさまに乙美さんに
なついているとはいえませんでしたが
その喪失感は大きく、
自分の生活に大きな問題をかかえている今こそ
乙美さんにいてほしかった、相談したかったと
思っています。
そこに、乙美さんがボランティアをしていたセンターから
乙美さんの四十九日までの過ごし方のレシピを
あずかっているという少女がやってきます」


初めて読む作家さんですが、笑わせどころと
泣かせど頃のさじ加減が絶妙だと思いました。
まちがいなく、とてもいい本だと思いましたが、
私が、ホロッと来たのは、最初に1ページ目だけで
後は、楽しく読みました。



「神様のカルテ」 夏川章介 著

これも人気の本ですね。

あらすじは
「主人公、栗原一止信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。
常に医師が不足しているこの病院では、専門ではない分野の診療をし、
三日睡眠が取れないこともよくある。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
妻を深く愛する一止は、妻との時間もとれるようになる
そのさそいに心がゆれる…」


最近のドラマや映画、漫画にいたるまで
医療ものは、大人気で、そのリアリティと問題の提起は
目を見張るものがあります。

その中で、この本は、とても軽く感じます。
漫画よりまんがチック。
読んでいると登場人物がちゃんと頭の中で浮かんできて
漫画のように動きます。
だから、すごく読みやすい。

ドラマや映画のように息がつまるような緊迫感はなく、
なんとなくほのぼのしたものを感じる本でした。


110206-2



「ちょんまげぷりん」 

これは、映画化されましたね。
映画は観てません。

あらすじは…
「180年前の世界からタイムスリップしてきた安兵衛。
偶然、安兵衛を助けることになったひろ子は、一人で子供を育てる
キャリアウーマン。
ひろ子に助けてもらったお礼に、家事を引き受けることになった安兵衛は
その意外な才能を開花させていく。」

これは、最初からコメディだろうと思って読んでいたので
楽しめました。

安兵衛がテレビに出たとたん、どんどん人気者になっていく様子が
去年ブレイクした戦場カメラマンを思い出してしまいました。

楽しんで読める本ですね。

映画化は錦戸くんでしたが
本に書いてある安兵衛は、
この本のカバーともぜんぜん違って
背も低くて、ジャガイモみないな顔をしていて
年齢も25歳なのに、中年みたいだということでした。
でも、ハンサムを想像して読んだ方が楽しいね。

110206-3



「ひそやかな花園」 角田光代 著

これはちょっと重いね。

あらすじは…(Amazonの紹介文より…)

「幼い頃の記憶の中の毎年のサマーキャンプ。
7人の子供たちの記憶の中で、それはとても大切な
思い出だった。
突然中止されたサマーキャンプ。
「あの集まりはいったい何だったのか?」
接点なく、別々の人生を歩んでいた子供たちが、
それぞれ疑問を持ち、徐々に明かされていくキャンプの意味」

サマーキャンプの謎がわかるまで、
サスペンスのように楽しめます。

でも今一つ、踏み込んで感動できないのは、
共感できないからでしょう。

先日、「美しい人」という映画を観ました。
その映画は、母であること、母になることというようなテーマだったのですが
今ひとつ共感できなかったんです。

この本も同じところで(テーマはちがいます)
ひっかっかったんです。
「血のつながり」っていうとろこです。
自分では理解のできないところです。



「民王」 池井戸潤 著

日本の首相・武藤泰山と、大学生のドラ息子・翔の中身が入れ替わってしまう。
元に戻る方法もわからず、翔は、しかなく国会に出る。
ドラ息子翔には、国会の内容が理解できない。
首相だというのに文書に書かれた漢字すら読めず誤読ばかり。
首相と息子の入れ替わりなど知らない国民は、厳しく批判する。」


池井戸さんの社会派の小説が好きなので、
池井戸さんが政治を書いた!と
飛びつきましたが、
まさかの入れ替わりもの!!
ショックでした。

読めば面白いのですが、
最初から、「面白い小説」と思って読んだら、
ショックを得ず、かなり楽しめたと思います。



************************************

親戚探しサイトは、こちら

http://ronin43.ddo.jp/index.html

登録犬数がすごく増えたおかげで、
ラズムの親戚もいっぱい増えましたよ!
もっともっとラズムの親戚でてこいや~~!

ブログでよく見るあの子とあの子が親戚!!!っていう発見が
あっておもしろいです!

血統書をお持ちの方は、ぜひ登録を!!

*********************************************



【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★ブログ村ランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

2011.02.06 / Top↑
ようやく読書熱が復活してきました。

最近よく読むのが、専門知識0でも読める難しくない社会派小説。
私はこういうのを「おっさん読書」と呼んでいます。
なんか中年のおっさんが通勤途中で読む感じの小説ですね。

この前読んだ「ガラスの巨塔」みたいな感じの。
あれからおっさん読書傾向にあります。

ちょっと前までNHKでやっていたドラマ「鉄の骨」が
ほんとうにおもしろく、かなりはまってしまいました。

ゼネコン汚職、談合問題を取り扱った実話に基づいたフィクションす。
ゼネコンや談合…そんなことはまったく知らなかった私には
とても新鮮で、それでいてドキドキハラハラでわかりやすく
ほんとうにおもしろい話でした。


100819-3
(たいへんだ…おかあさんがおっさん化してきた)


これは、原作が池井戸潤さんの作品だということで、
池井戸さんの本を何冊か図書館で予約しました。

「銀行仕置人」 池井戸潤 著

これは、都市銀行に勤める主人公が判断ミスの責任をとらされ
閑職においやられる、しかし、そこに裏があり、巨悪がひそんでいるらしい。
秘密の特命をうけ、銀行に巣食う悪をやっつけていく。

…社会派というより、かなりエンターティイメント的な小説です。
「貸しはがし」とか「貸し渋り」とか
まったく知らなかった銀行の仕事などがわかり
おもしろかったです。
ここでも、男の出世欲や嫉妬などがこわくなります。


100819-1


「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 著
これは、ほんとうにおもしろかった!
おもしろかったなんて言っていいものかどうか…。
なぜなら、実際に記憶にあるでしょう、
大型トラックのタイヤが外れ、歩道を歩いていた母子に直撃した死傷事件
あの事件を題材にしているからです。

あのときどんどんと三菱自動車の不正が明らかにされていったことは
記憶にも残っています。
当時、運送会社やトラックの整備をしていた人のインタビューも見ましたが、
あの人たちがどんなつらい思いをしたか、
それが小説になっています。

あの当時の三菱自動車(小説内では、ホープ自動車)の
内部事情などが、
今でこそ、結果がわかっているから安心して読めるのですが、
もしこれがそのまま闇に葬られていたら、と思うとおそろしく
ドキドキしながら一気に読めました。

フィクションということですが、ほぼ事実なのでは…と
思って読みました。


さらに、おっさん読書は続く…

100819-2


「インビクタス」
これは、映画を観て、興味のある題材なので、
本でも読みたく、すぐ図書館に予約を入れました。
今頃、手元にやってきました。
映画を観た方も多いでしょう。
ネルソン・マンデラ氏の話ですね。
スポーツが絡んでいるんで、とても読みやすくなっています。



100819-4


「ミッキーマウスの憂鬱」 松岡圭祐 著

東京ディズニーランドでバイトをすることになった21歳の若者の話。
フィクションということですが…

「え~~~!!こんなのこと書いていいの??」って
いうのが正直な感想です。

なぜなから、ディズニーランドの完全なる裏側暴露なんですから。

最後まで読むとさわやかな青春小説のようになっていますが、
でもねえ
いくらフィクションとはいえ、実際とは異なる部分が多いとはいえ、
これは書いちゃだめじゃない?

だって、「着ぐるみ」とか「中に入っている人」とかいう言葉が
ばんばん出てきます。

猛暑の某日、某つぶやきで私が「この暑さでは夢の国の
中に入ってる人大変だろうなあ」って書いたら

「いえ、中に入っている人なんていません」という
返信がいくつか来ました。
そうなんです!!
そんなこと言ったらいけないんです。

これは、正直おすすめできない小説です。
でも怖いものみたさ的なところはあるでしょ?
で、一度読み始めたら、いくら「いや~~!!やめて~~!!」と思っても
最後まで必ず読んでくださいね。
最後まで読むと、かなりさわやかな気分には、なれますから。


100819-5
※某猛暑日のディズニーシー


口直しにこの前、「やりすぎコージー」で設楽さんが
披露してくれた夢の国のお話を…

「ディズニーランド内で、
ある親子がキャラクターのサインをいくつかもらった
サイン帳を海に落としてしまいました。
せっかく集めたサイン、とてもあきらめきれず、
スタッフにそのことを伝えると
スタッフは、丁寧に『どんなサイン帳だったか、誰のサインをもらったか』を
訪ね、最後に帰る前にもう一度来てください、と言ったそうです。
そして、その母子が帰る前に、もう一度スタッフのところへ
行くと、そこには
なくしたサイン帳とまったく同じサイン帳がありました。
もらったキャラクターのサインはちゃんとあります。
でもその最後にもらっていないサインが一つあったのです。
『これは…?』と聞くと、
スタッフは、『マーメイドのサインです。このサイン帳、海の中から
マーメイドがみつけてくれたんですよ』と言って手渡してくれたのでした。」

いい話でしょう?

私は「ミッキーマウスの憂鬱」よりこっちの話のほうがいいなあ。

よかった、ほんとのおっさんになってなくて…。




********************************************


親戚探しサイトは、こちら

http://ronin43.ddo.jp/index.html

ラズムの親戚は、増えていませんが、登録犬数が増えたおかげで
ブログでよく見るあの子とあの子が親戚!!!っていう発見が
あっておもしろいです!
血統書をお持ちの方は、ぜひ登録を!!

*********************************************



【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★ブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!
★ランキング「ブログ村」だけにしました。ポチっと押すのめんどうかなあと思って(笑)
 深い意味はありません。これからもよろしく。
★過去の記事には、まだブログランキングのバナーが残っていますが、
 ぽちっとしていただいても無効になっています。
★「ブログ村」のほうは、続けます。


※ただいま、トラックバックを受け付けてません。トラックバックをしたいなと思った方は、
 コメント欄で連絡をください。



2010.08.19 / Top↑
ろのちゃんの結婚式前後何か月、頭の中が軽く興奮状態だったのでしょうか、
ま~ったく本が読めませんでした。

あまりないことです。どうしても、字を読んでもストーリーが頭の中に
入っていかなかったんです。
読めないなら、読めないで、読まなくてもいいようなものですが、
それも何か月かになってくると
禁断症状が出てくるんですね。

これは困った…ということで、「一気本」なら読めるかなと
リハビリをかねて、一気に読める本を何冊か読んでみました。

100726-1
(うちは、NHK料金は引き落としで払っています、だって)



その中で、ちょっと強烈だった本の紹介です。

「ガラスの巨塔」 今井彰 著

よかったと書かず、強烈、と書きました。
ほんとにその通りなんです。

この今井彰さんって、元NHKのプロデューサーで、
NHKの人気番組だった「プロジェクトX」を作った人なのです。

名もない日陰にいたプロデューサーが、いい番組を作ったことで
どんどん出世していって、そしてねたまれ、転落していく…

そこに書いてあることは、小説という形をとっていまうが、
むしろ暴露本で、作者からするとすべて事実なのでしょう。
とても生々しいのです。

「男の嫉妬は女のジェラシーよりおそろしい」というのを聞いたことが
ありますが、それをよく表しています。
天下のNHK内で繰り広げられる、男の嫉妬がとても怖いのです。

この小説の中で、元NHKの会長が週刊誌のスキャンダルで引きずりおろされると
いう部分がありますが、
そういえば、記憶にあります。
国会でも取り上げられていましたね。

詳しく覚えていませんが、自分のイメージとしては、
NHKの会長ってすごく悪い人だったんだという程度。

でもこの小説のなかで、それは週刊誌のでっちあげで、
元NHKの会長はとてもいい人だと書いてあります。

そして、プロジェクトXの「やらせ事件」やプロデューサーの万引き事件など
なんとなく実際の事件として記憶にあることが
出てきます。
それに関しても、かなり弁解ともとれることが書かれています。

100726-2
(お父さんがいない夜、2時までかかって読んでたんだよ)


「あのNHKで!」とすべてが、おもしろくて一気に読めるのですが、
読み終わるとこの作者のうらみつらみが生々しく残ります。

この本で、週刊誌に書いてあることは、丸ごと信じてはいけない、と
感じますが、
なら、この本に書いてあることは、丸ごと信じてもいいのでしょうか。

最近では、機密費が「マスコミ懐柔の為に一部有名言論人に配られていた」というような
暴露ニュースもありましがた、
報道に左右されないほど、私は世の中のことを知りません。
何から、真実を知ればいいのでしょう。
困ったものだなあ…これがこの本を読んだ一番の感想です。

読書意欲がちょっと復活してきたので、
今日は、図書館で本を借りました。
それと、恒例「新潮文庫の100冊」から4冊買いました。
今年は、yondaのバンダナがもらえるんだって。


100726-3
(ぼくのために、バンダナをもらってくれるんだって!!)







*********************************************


親戚探しサイトは、こちら

http://ronin43.ddo.jp/index.html

ラズムの親戚は、増えていませんが、登録犬数が増えたおかげで
ブログでよく見るあの子とあの子が親戚!!!っていう発見が
あっておもしろいです!
血統書をお持ちの方は、ぜひ登録を!!

*********************************************



【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


hipparibanar

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!



※ただいま、トラックバックを受け付けてません。トラックバックをしたいなと思った方は、
 コメント欄で連絡をください。


2010.07.26 / Top↑
前にも書きましたが、私は好きな俳優も野球選手もミューシャンもいますが
それほど、ミーハー的には好きにはならないんです。

ただ、唯一の例外、ひたすらミーハー的に大好きなのが
富士丸くん」なんです。

100129-7


本やシールなんかも買っちゃって、
何やってんだろ、私、いい年して。
うちにももっともっとかわいい子がいるのに
もう買わないぞ!って誓ったのでした。
そして、
富士丸くんが急死してしまいました。

誓いは破られて、買いました。
最後の本になるのでしょうか…。
「富士丸と。」です。

100129-8


写真集ということで、少し大きめです。
文章はとても少ないのですが、
富士丸とーちゃんの愛があふれていて、
泣けます、でも暖かい。


まず、1ページ目写真、これをみただけで、もううるっときてしまいました。

最後のページの写真は大好きな写真です。
前に、ブログのタイトルバックになっていた写真ですね。
じつは、この写真が大好きで、自分のパソコンに保存してあったんです。
こんなに大きい写真になってうれしいです。

100129-9



富士丸くんってどうしてこんなにいつも笑顔なんでしょう。
口をあけているから、笑っているように見えるだけなんでしょうか。

笑っている富士丸くんの写真の口を手で隠してみました。
そして、次に笑っていない顔の口を手で隠して比べてみます。
すると、口がなくても、笑っている顔は、
笑っているって、わかるんです。

やっぱりほんとうに笑っているんですね。
心から…。

一人と一匹で暮らして、
こんなに素敵な笑顔にしてあげられるなんて。

富士丸くんは、ほんとうに幸せな犬だったんですね。

自分のことを反省しました。
私もがんばろうっと。


*************************************************


【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


hipparibanar

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

2010.01.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。