晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

年末、会社で「うらないの本」をあげると言われた。
見ると2006年の私の運勢は、最悪中の最悪。
そんな本を持って帰りたくなかったので、もらわないで帰った。
次の日に、「一人一冊強制的に持って帰ってください」と言われた。
「ものすごーく、悪いから、いやだなあ」と友達に言うと
「奥さんは、ダンナさんの運勢に引っ張られるから、
ダンナさんが良ければ、ずいぶん違うらしいよ」と言われて、
ダンナの運勢を見ると、これまた、最悪。
「だめだ、こりゃ」と、そーっと本を置いて帰ってきた。
数日後、新聞屋さんが「いつもお世話になっています」と
挨拶に来て、「これをどうぞ」と
なんと、その「うらないの本」を置いていった。
いらないっちゅうの!!

「そんな不吉な運勢を洗い流しましょう」と
今日は、ラズムの初洗い。
さっぱり、ふわふわのニューラズムの誕生。
かわいいなあ…。
そ、笑顔のあるところに幸せあり。
ラズムがいる限り、私の運勢は、ハッピーだわ。
スポンサーサイト
2006.01.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。