FC2ブログ

晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

暑いっす。
ラズムは、エアコンの風の通り道に居座っている。
ラズムを見てると今、うちでどこか一番涼しいかが
一目瞭然。

図書館に予約してあった本が一気に3冊も来た。
今まで、何ヶ月もかかって1冊ずつだったのに…。
忙しい、忙しい…(けどうれしい)

「人間は考えるFになる」(森博嗣と土屋賢二の対談)を
読み終えたのでちょうどよかった。

森博嗣さんと土屋賢二さんの文系理系人間の違いが
くっきり出ていておもしろかった。
森博嗣さんの本は、
小説もいいけど、
私は、森さんらしさパワー全開の
「臨機応答・変門自在」や「的を射る言葉」のような本が
大好きなので、これも相変わらずの天才ぶりに結構はまった。
一方、土屋さんは、読んでいて「自分に近い凡人かも…」と思ってしまうのだが、
哲学者の大学教授、そんなわけがない、
本当の凡人にそう思わせるところが、天才なんだろうね。たぶん…。

新しく届いたのは、
「無痛」(久坂部羊 著)
  …何ヶ月も待った本。ずっと「このミス」などで上位にランクされていた本
「幸福な食卓」(瀬尾まいこ 著)
「ノーサラリーマン・ノクライ」(中場利一 著)
  …この2冊は、最近見つけた本の紹介サイトで知った本
   初挑戦の作家なので楽しみ

朝、目がさめて、今日から新しい本を読み始めると思うと一日がうれしくなる。
前に、会社で
「働いてよかったと思うことややりがいって何?」って
聞かれたんだけど、
私は、とっさに頭に
「通勤電車で本を読むこと!!」と浮かんだんだけど、
そうとも言えず、思わず

「シュレッダー」

と答えてしまった。
※私は、シュレッダーをかけるのが大好きなのだ

スポンサーサイト
2006.08.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。