晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

         (グルメ犬、ラズム誕生)

涼しくなると、おやつを食べたくなるね。
朝から、コーヒー入れて、クッキーなんか食べてしまった。
お昼には、どうしてもパンが食べたくなった。
いくら涼しくてもお出かけは嫌いなままなので、
パンを買いにいくのがイヤで、
パンを焼いた。
おかげで昼ごはんは2時過ぎだ。
でも、パンが食べられて満足。
秋だなあ…。



「この子には、味覚があるのかしら?疑惑」のあったラズムだけど、
驚いたことに、今日、初めて
ご飯の中から、薬だけ、よけて残した。
今まで薬だけでも、ガリガリ食べていたのに…。
手にとって食べさせてみたら、
口には入れるのに、ペッと吐き出した。

(残され、寂しげな薬さん)

すごい!
ラズムに味覚が芽生えた瞬間かも。
これは、日々、フードに愛情たっぷりの手作りごはんを
プラスしていた私の努力のたまものに違いない。
人間努力すると「無」を「有」に変えることができるという証明だ。

「うちの子、薬だけ、よけて食べるの」というような
繊細な犬にあこがれていた。
今度、絶対、人に言おっと。
「うちの犬、薬、飲ませるの大変なの。味に敏感で…」



ここでもう一つの喜びが。
よく本に載っている「犬に薬を飲ませる方法」を
試せるときがきた。
一度やってみたかった。
ラズムをとっつかまえて、
口に薬を入れて飲ませた。
簡単!
ここでも達成感を味わえた。
ありがとう、ラズム。

精神的に実りの秋の一日だ。

このまま、残暑が、ぶり返しませんように…。


(ぼくもパン食べたいなあ…)




↑ ブログランキングに参加しています。よかったら、ご協力をおねがいします。
スポンサーサイト
2007.08.31 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。