晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
101104-1
(よわっちいやつだと笑いたかったら、笑うがいいさ)


朝いつもいく、誰もいない公園。

小学生(中学年くらいの子)の女の子が一人で立っていました。
友達と待ち合わせかなあと思いつつ、
あまり気にせず、公園のすみっこで、ラズムのにおいかぎを見ていると
(もちろんリードをつけていました)
突然、ボーダーコリーが走ってきて、
ラズムにとびかかってきました。

びっくりするラズム。
私もびっくりです。

女の子がボーダーコリーを放してたんですね。
うしろから、女の子があわてて走ってきました。

ボーダーコリーは、前から、後ろから飛びついてくるので
噛んでいるようにも見えるし、
まずは、
離さないと行けないと思いましたが、
ラズムは柵の下くぐって、私の手の届かないところへ行こうとします。


101104-2
(平和主義なだけだよ…)


とにかく、ラズムを捕まえて、確保。

「この子を離して!!」と
女の子の方を見ると、
もう棒立ち…、青ざめています。


これはつかいものにならないと、
ラズムを抱き上げ、
「この子をつないで!」と言っても
女の子は、半べそで
「ごめんなさい、ごめんなさい」というばかり。

私はようやく、ラズムを安定した形で抱っこすることができ、
落ち着いて
ぴょんぴょんとびついてくるボーダーコリーを見ると
この前のチワワのように、歯茎をむき出しじゃなくて、
目がキラキラ、笑顔のように見える顔をしてとびついているんです。
攻撃的ではないと判断して、
足は出さずに
女の子に
「まずは、この子を座らせよう!」と言っても
女の子は動けない。
私が、ボーダーコリーに向かって、
「おすわり!」
反応なし、英語かもと…
「シット!」というと
ちょっとおとなしくなったボーダーコリー、
やっとのことで、女の子の横で伏せました。

落ち着いたところをつないでもらいました。

ずっと女の子は、
半べそで「ごめんなさい。ごめんなさい」と言っています。
えらいことをしてしまったと思っているのでしょうね。

このボーダーコリーは、うちの近所の子です。
まったくつきあいはないので、名前も知りませんが、
パピィの時からみかけます。
すれ違うといつもとびかかりそうになってくる子です。
でも、最近は以前よりは、落ち着いて見えたので
訓練したのかなあと思っていました。


「パピィの時からみているけど
ずいぶん落ち着いたよね」と女の子に話かけると、
「うちは、室内飼いで、いつも家の中にいるので
ほかの犬とぜんぜん会ってなくて…
ごめんなさい」と言うのです。

「近所の犬はみんな室内飼いだよ」と心の中で思いながら
「うちも噛まれてないようだし、
攻撃してきたんじゃなくて、遊びたくて走ってきたんだね」
とやさしくいうと
「ごめんなさい」とまた謝っていました。



ラズムを抱っこしているとラズムの心臓がものすごく
バクバクしているのがわかったので、
早く、その場を離れようと
ラズムを抱っこしたまま公園を出て、
そこから、のんびり歩いて帰ってきました。


今回もあきらかにあちらの過失です。
もしものとき、制御できないのに、離すというのは、
とんでもないことです。

ラズムはすぐに落ち着きましたが、
あの女の子も心配です。


101104-3
(ぼくの美貌がみんなを狂わせるかも!)



それよりも、あの女の子、
「変なおばさんにいじめられた」とか
間違った報告してないといいなあ…(笑)


*******************************************

親戚探しサイトは、こちら

http://ronin43.ddo.jp/index.html

登録犬数がすごく増えたおかげで、
ラズムの親戚もいっぱい増えましたよ!
もっともっとラズムの親戚でてこいや~~!

ブログでよく見るあの子とあの子が親戚!!!っていう発見が
あっておもしろいです!

血統書をお持ちの方は、ぜひ登録を!!

*********************************************



【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★ブログ村ランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!
スポンサーサイト
2010.11.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。