晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、ミスターサンデー(フジテレビ系 夜10:00~)
を見て、
あんまり感動したので、
そのことをブログに書いてしまいます。

昨日の内容は、「3月11日、そのときディズニーリゾートの様子」というような
内容。


110509-1
(ぼく、だ~れだ? チップくんかな?)




地震直後の朝日新聞の投書欄に
娘さんがディズニーリゾートに行っているときに
地震にあって、電車も止まり、
帰れなくなってしまい、
そのときにディズニーリゾートの対応に
ほんとうに感激と感謝している、
とにかく、従業員の方は、笑顔を絶やさず
ずっと親切に面倒を見てくれた
というようなことが載っていました。

それで、そのとき、どんなことがあったのか
とっても知りたかったのです。



110509-2
(こたえは、ぼく、ラズムでした!!)




見られた方も多いかな?
見られた方は、同意なり、反論なりお感じになっていただければよいのですが
見てない方のために
その内容を大雑把に
(すみません、メモしてみていたわけではないので…)


110509-3
(ぼく、だ~れだ?ミッキーかな?)





地震のあったときの対応が驚くばかりでした。

地震の直後30分以内に、
内部では、「災害対策本部」ができ、
きちんとした指令系統ができあがっているのです。


ゲスト(お客様)を安心させるために、
キャスト(従業員)は、冷静に笑顔をたやさないのです。

そして、キャストは90%バイトだというのに、
それぞれの判断で、
お店のぬいぐるみを防災頭巾の代わりに
ゲストに配る人、
おなかがすいた人にお店のお菓子を配る人、
防寒用に、大きなビニールを配る人、
ゲストが不快な思いをしないように
ほんとうに最新の気配りをしていました。


普段は絶対に表に出さないダンボールや業務用のゴム手袋も
配って寒さ対策をしていました。


110509-4
(こたえは、ぼく、ラズムでした!!わかったよね?)



ディズニーリゾートは、年に180回も(!)
順番に防災訓練をしているそうです。

その訓練の設定が、
「10万人のゲストがいるときに震度6の地震が起きたら…」
ということだそうです。


3月11日は、7万人のゲストに、震度5強でした。


「想定外」という免罪符はないのです。



110509-5
(この子が、ミッキーだよ!)




ゲストが撮影した家庭用ビデオにその時の様子が残っていますが
地震真っ最中、みんなが「キャー」と叫んでしゃがみこんでいる中、
キャストが
「おちついて、手を頭に乗せて」と言いながら
まわっていました。

ほんとうにすごい!!

夜が来ても、ゲストを追い出すことをせず、
備蓄してあった、非常食をくばっていました。


キャストの様子を見ていたら、
感動して、涙がじわっときました。




こんなところで、被災してみたい…そんなことさえ
思わせてしまう


ほんとうにすごいぞ、ディズニーリゾート。


○○もみならってほしいと思った方も多いのでは…。




110509-6
(ひとりディズニーリゾートもどき…ちょっとむなしい)




*******************************************

【ここまで読んでくださって ありがとう!!】

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります

関連記事
2011.05.09 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。