晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は、ジュノちゃんの誕生日、
おめでとう、ジュノちゃん、2歳だね。

110610-1


今でも小さいジュノちゃんですが、
最初は、本当に小さくて、まったくドッグフードを食べなくて…。

ろのちゃん、ジュノチチくんがドッグフードをふやかして
コネコネして、手から食べさせてやっと一口二口…という具合でした。

正直なところ、この子は育たないかも…と当時は思っていたものですが、
その後、ジュノチチさんの手作り食が始まり
モリモリ食欲が出て、
(今でも、ドッグフードは、たった一粒でもペッと吐き出すんですよ)
無事、元気な子に育っています。

110610-2


ラズムの人間化が進んでいるように、
最初は冗談で言っていたのですが、
私の中で
ジュノちゃんの「孫化」が進んでいます。

犬と人間の子は違うという人も多いですが、
どちらも育てた経験からいうと
育てる段階では、とても似てますよね。

ラズムと一緒にいると、
一緒に歩き、一緒に遊んで
寂しがられたり、怒ったり…すごくかわいかったり、
子供が小さいころのことをよく思い出します。。

子育てと犬育てがこんなに似てるんだから、
「孫」というのも
やっぱりこんな感じじゃないのかなあと思うのです。

あの大地震の日、まず思ったのは、
「ひとりでいるジュノちゃん、大丈夫か?!!」ということでした。

ラズムのかわいさとは、また違う、やっぱり「孫」のような気がするんですよね。


110610-3


この前、ご夫婦で犬連れの人とお話する機会があって
そのとき奥さんが
「母に孫を抱かせてあげられなかったのが申し訳ない」というようなことを
ちらっとおっしゃったんですね。
私は、「そんなこと思う必要ないですよ、うち、犬の孫いますけど
めっちゃくちゃかわいいですよ」
と言いました。

これは本心。

どうして犬の孫がかわいいかというと、
かわいい我が子がかわいがっているからなんですね。

ろのちゃんがいっぱいかわいがっているから、
ジュノちゃんがかわいいんです。

私の母は、かなりの動物嫌いでした。
でも母が亡くなってから、実家に行くと
冷蔵庫に当時私が飼っていたトラちゃん(うさぎ)の写真が貼ってありました。
私がかわいがっていたから、
母もトラちゃんのことかわいいと思ってくれたんですよね。

あなたのわんこをいっぱいいっぱいかわいがってあげてください。
そうすれば、
そのわんこがあなたのお母さんの孫になると思います。


110610-4


これから私には、人間の孫ができるかもしれません。
でも、
ジュノちゃんは、いつまでもずっと私のかわいい孫です。

ジュノちゃん、2歳おめでとう!!!






*******************************************

【ここまで読んでくださって ありがとう!!】

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります


関連記事
2011.06.10 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。