晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今日は、用事で出かけた帰りに、
小菊ちゃん(コーギー)のお宅におじゃました。
30分くらいの間いただけなんだけど、
いつも、小菊ちゃんのお宅に行くときは
ラズムを連れていくので、
なかなか小菊ちゃんをかわいがることができない。
今日は、遠慮なく、小菊ちゃんをなでなでしてかわいがってきた。

「ただいま~」と帰ってくると
いつものように、玄関をガリガリして待っていたラズム。
玄関を開けて入ると、
「まってたよ~、まってたよ~」と、熱烈歓迎のはずなんだけど…。
私の臭いをクンクンクンとかぎ、様子が違う。
いつもなら、すりよって離れないのに、
少し距離を置いて、疑いのまなざしで見つめるラズム。
この感じ…、よくドラマで見る
帰ってきただんなさんから、いつもと違う臭いを感じた奥さんの雰囲気。
「な、なに、この臭いは!!あなた浮気してきたでしょ…」
あのシーンと同じだ。
恐るべし、女の臭覚。
…じゃないか、犬だから、あたりまえ?
(ラズム、オスだし…)
関連記事
2006.07.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1604-a21cc726
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。