晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

ラズムと公園に行くと
砂場で砂遊びに熱中する小さい女の子と
そのそばのベンチで、携帯に熱中する母親(らしき人)がいた。
砂場の横を通ると、女の子がラズムを見て、
「ママー、あれ、捨て犬ぅー?」

(え~~~っ、す・て・い・ぬ ?!!)

ママは、無視して携帯に熱中。

「ねえ、ママ~、あれは、捨て犬なのー?」

(こら、母親、否定せんかい!!)

「ねえ、ママ、捨て犬?」
何度女の子が聞いても、母親は、無視して携帯に熱中。

頭にきた私は、砂場に近寄り、女の子の持っていた
スコップを奪い、母親の頭をはったおした。
「失礼な!!ラズムは、捨て犬じゃないからね。
我が家の大事な宝物なんだからね!!
子どもにきちんと教えておきなさい!!」
と言って、スコップを捨てて、颯爽とラズムを連れて、公園から去った。

※「頭にきた私は…」からは、ウソです。
でも、我が家の宝物っていうのは、ホントだからね。


関連記事
2006.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1605-684741c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。