晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

いつも行く神社でお祭をやっていた。

私の小さいころは、近所で盆踊りという経験はないけど、
近くの商店街の夜店が楽しみだった。

期間はどれくらいだったのだろうか、
自分の記憶の中では、1ヶ月くらいあったような気がするけど、
「イチロクサンパチ」と言って、
「1,6,3,8」のつく日に開催されていた。
私たち子どもにとって
楽しい事が起こる、魔法の呪文みたいに
「イチロクサンパチ」と唱えてその日を待っていた。
そして暗くなってくると
もうおしりの辺りがうずうず、早く行きたくてしようがない。

あっちの金魚すくいから、こっちの金魚すくいへはしご、
あれもほしい、これもほしいといろいろな屋台をのぞき歩く。
屋台が延々と続くと感じた。
そして、最後にベビーカステラを買って帰る。
帰り道、暑い夏なのに、温かいベビーカステラの甘いにおいの袋が心地いい。

あの楽しい思い出があるから、
今でもお祭を見ると心が騒ぐのかなあ。
ラズムと歩きながら、
浴衣姿で、お財布をもって走っていく子どもたちを笑顔で見送った。


関連記事
2006.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1615-6c736f7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。