晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

朝の散歩で、素敵なコリーさんに会った。

コリーさんは、まだ7ヶ月の女の子。
子どもでも、さすがにラフコリーは、優雅さと気品がある感じ。
コリーの飼い主さんがラズムのことをとっても誉めてくれた。
「ものすごき毛ぶきですね」
「いいブリーダーさんから来たんでしょ。どこのブリーダーさんですか?」
(やっぱり!!分かる人には、分かるんだわ。
分かんない人には、ただのデブに見えるらしいけど、
「りっぱな(!)毛ぶき!!」…だって!)

「はい、この子の両親と一緒に生まれた兄弟はチャンピオン犬です」と
私も自信たっぷり答えた。
「やっぱり…、ほんとうにいい犬ですねえ」
(「やっぱり」…だって!!)

写真を撮らせてもらって、別れてきたけど、
コリーさんは、ノーリードで颯爽と公園を走って去っていった。
普段ノーリードの犬を見ると
ものすごく頭にくる私だけど、
コリーさんは、美しいから許す!!
(犬も人間も美しいと得なのだ)

今度会えたら、コリーさんの名前と、
ショーにチャレンジしているのかとか、
すごくいい毛つやだったから、
どんなフードを食べさせているのかなんかも聞いてみたいなあ…。

近頃は、どんな素敵な男性を見ても
ちっとも心がときめくことなんてないけど、
コリーの女の子を見て、
すっかり目がハートになってしまった今日の私。


(コリーさんは、シェルティより顔が長い)






関連記事
2006.08.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1617-d3186eb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。