晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

私の趣味の一つ、パン作り。
パン焼き器があるから、作るといってもたいしたことないけど。
主なレパートリーは、
市販のあんを買ってきて、
砕いたくるみと一緒に包んで「くるみあんパン」、
コーンスターチと卵と牛乳でクリームを作って「クリームぱん」、
カツを巻いて「カツぱん」、
コロッケをはさんで「コロッケぱん」
ウィンナーを巻いて「ウィンナーロール」
ゆでタマゴで「卵サンドパン」、
あとは、残り物で「グラタンぱん」や「カレーぱん」。

ラズムには、パンをあげたことがなかったんだけど、
この前、テーブルにカレーパンを置いて
コーヒーを取りに行ったそのわずかな間に
ラズムがテーブルにとびついてカレーぱんをむしゃむしゃむしゃ!!!
(よりによってカレーなんて、
たまねぎも入っているし、よくないのに…とほほ)
それ以来、私がパンを作りはじめると
調理台を見上げて興味津々。
オーブンから出てくるパンをじーっとみつめて
すきをねらっている。
「あげないよ!!」

さて、今朝のパンは最高のでき。
「おいしいねえ、カツぱんおいしいねえ」
「このあんぱん、めっちゃ上手、買ったパンみたいだねえ」と
私は一人でしゃべって自画自賛。
それなのに、家族は冷たい…。何も言わない。
こうして、私は何日間の朝・昼
残ったパンを一人で食べるのだ。

ラズムだけが、うらやましそうに、こっちをみつけている。
あげられないけど、うちじゃラズムだけが
私のパンのおいしさを知っている…。

(たまごサンド・カツロール・あんぱん)
関連記事
2006.08.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1629-35e22a0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。