晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

        (ぼくは、スーパードッグ)
スーパーマンリターンズを観てきた。
スーパーマンを観に行くと言ったら、周りの反応は、
結構冷ややか…。
「え~、スーパーマン観に行くの~ (ーー;)」
「だって、ケビン・スペーシーだよ。観に行かないと!」
「えっ!?ケビン・スペーシーがスーパーマンなの? (@o@)」
まさかね。

新スーパーマンのブランドン・ラウスがすごい。
まるで、デパートの紳士服売り場のマネキンそのもの。
スーパーマンのイメージどおりでかっこいい~。
スーパーマンって他のヒーローよりスケールが大きいのね。
強さのケタ違い。
スーパーマンが活躍するところは、
これぞ、スーパーマンって感じで、ワクワクするんだけど、
ロイスとの話は、ちょっとイメージダウン。
ああいう設定は、ちょっと疑問だ。
ケビン・スペーシーのはじけた悪役ぶりはさすが。
この映画で一番感動したのは、エンディングロールの
「クリストファー・リーブ夫妻へ捧ぐ」っていうのを見た時だった。

帰ってきてから、いろいろなサイトでレビューを見たら、
どれもすごく高評価でびっくり。
良くないとは、思わないけど、
私は、スパイダーマンとバットマンビギンズの方がおもしろかったな。

ところで、横浜駅から109シネマズに歩いて行くと、
横浜ベイクォーターが見える。
横浜の新しいショッピングモール、
いよいよ、明日オープンだ。


関連記事
2006.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1639-0ab4e2ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。