晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

          (今日は、門扉越し)

昨日の朝の散歩でのこと。
途中で会った柴犬さんのことをラズムがとっても気にしている。
ずっとずっと振り返って、見ている。
いつもなら、すぐに立ち去れるのに、
「行こう」と促すと座り込んでしまった。
仕方なく、柴犬さんが来るのを待って挨拶をしたけど、
柴犬さんの飼い主さんに
「オス?うちもオスなんだけど、オスだとケンカになるかも…」
と言われて、立ち去ろうと柴犬さんを見ると
「この見覚えのある鼻は!!」
「もしかして、カイトくんですか?!」
毎日の散歩でのラズムの門扉越しの友達、カイトくん!!
ラズムとカイトくんは、毎日の散歩で
門扉越しだけど鼻をクンクンクンを寄せ合って
まるで恋人同士(オス同士なんだけど…)みたいなのだ。

門扉なしで会うのは、初めてだ。
近づくと2匹は、クンクンクンと鼻を近づけて
お互いを確かめるようにしてから、
近づき離れて、近づき離れてピョンピョン楽しそう。

※カイトくんとのことは、
2005年3月9日、3月10日、6月22日の日記を参照
  ↓
http://www.geocities.jp/razumu2004/diary2005.3.htm
http://www.geocities.jp/razumu2004/diary2005.6.htm

カイトくんの飼い主さんに
ラズムとカイトくんが門扉越しの友達だということ、
「いつか一緒に外で遊べるといいね」と言っていたこと、
どうして、名前を知っているかを
説明しながら、一緒に並んで歩いた。
ラズムとカイトくんはとってもうれしそうだ。
よかったね。
関連記事
2006.10.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1679-201466cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。