晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

          (手術はいやだ~)

「チームバチスタの栄光」海堂 尊 著 を読んだ。

「このミス」の1位に輝いた評判の小説だったので、
すごーく読みたかった。
図書館で予約して、やっとやっとやってきた。

これは、今までに読んだことがないような小説だ。
だいたいの内容は、
天才外科医 桐生を中心とした
心臓移植の代替手術であるバチスタ手術チーム「チーム・バチスタ」は、
次々に難手術の成功を収め、栄光を得ていた。
ところが、3例続けて術中死が発生した。
そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、
不定愁訴外来の医師・田口だった。
田口は、巧妙に調査を進めるが、
途中で行き詰まる。
と、そこに登場した厚生労働省の変人役人・白鳥。
白鳥の特異な調査が始まる。

という話。1部は、田口の調査。2部が白鳥の調査。
まず、2部で白鳥が出てきたところで驚いた。
普通の小説なら、魅力的な主人公田口が
その独特な性格で 、難問を解くという設定になるはずが、
2部にまるで、「空中ブランコ」の伊良部のような
変人ぶりの白鳥が登場する。
ここで、白鳥のあまりの変人ぶりに
今まで魅力的だった田口の影が薄れてしまうところがある。
これは、普通の小説家なら使わない手のような気がした。

ミステリの謎ときは、医学的なことなので、
素人の私には、「ああやってこうやればこうなる」と
言われればどんな方法でも「そうなんだ~」と思うしかないので、
驚きはなかった。

バチスタチームの人物紹介がとても面白かったし、
田口先生は魅力的な人物になっていたし、
面白かったから、白鳥をあそこまで
特異な人物にしなくてもよかったんじゃないかなあというのが私の感想だ。
でも、おもしろいから一気に読めるオススメ小説だ。

すでに、田口・白鳥コンビの第2作が出ている。
図書館に予約済だ。


関連記事
2006.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1704-8518df78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。