晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

         (外宮です)

泊まった宿の「女衆のやかた」から徒歩3分、
伊勢市駅からも徒歩5分のところに
伊勢神宮の「外宮」があります。
(ぼくは平気)
ここも橋より向こうは、犬は入れません。
犬連れの人で引き返している人たちがいました。


手水舎で、心身を清めてからおまいりです。
(プルプルプル。冷たい水で手を洗うと身が引き締まる)
「外宮」の参道を行くとわき道があり
「別宮」と呼ばれるお宮があります。
「風宮(かぜのみや)」「多賀宮(たかのみや)」「土宮(つちのみや)」などです。
(はあはあはあ、お母さんには、きつそうでした)
石段を登って「多賀宮」へ。高いところにあるから「高の宮」とも呼ばれているそうです。

大晦日には、どんど火が焚かれます。
もう準備がしてありました。
人間の背よりも高く木が積んでありました。
(伊勢のどんど火は、大きい!!)

勾玉池(まがたまいけ)の中に奉納舞台がありました。

(あそこで、踊ってみたいです)

外宮を出て、外宮前郵便局の中にあるレストランでお食事をしました。
このレストランは、旧伊勢市郵便局の建物を使ったレストランです。
明治時代の建物らしく、郵便局の一部は愛知県の「明治村」にあるそうです。


        (番外編へつづく)
関連記事
2006.12.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1756-21b49d74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。