晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

     (これは、再現写真です。実際とは異なります。)

今日は、行かないといけないところが、4ヶ所あって、
3ヶ所目の出先から帰ってくると、
ラズムのトイレシーツがぐしゃぐしゃ、原型がない。
「食べちゃったのかなあ、破っただけかなあ…」
どっちにしても、
『コンニャロ、コンニャロ、置いてきやがって』と
思いながらやったに違いない。
最近、ラズムは、分離不安症気味なのだ。

さすがに、4ヶ所目は、家に置いて出て行くのはかわいそうだと思って、
歩いていけるところだったので、ラズムを連れて行った。
そして、目的の建物の前にあったバーに
ラズムをつないで留守番をさせた。
ラズムをつないで待たせるのは初めての経験だ。
ちょっと離れたところで、
小学生の女の子たちがDSをして遊んでいたので、
「ここに犬を置いて行くんだけど、
すぐ戻ってくるけど、ほえたりして迷惑かけたらごめんね」と
一言声をかけて、
目的の所までダッシュ。
用事を済ませて、戻ってきた。(その間、5分以内)
ラズムは、おとなしく待っていた。
女の子たちに「ありがとう」と声をかけると
「触ってもいいですか」と
女の子たちがラズムをなでてくれた。

心配性の私は、つないで置いておくなんて
想像できる悪いことが果てしなく頭に浮かんでくるので、
本当はしたくないんだけど、
今日は、ラズムにはちょっといい経験だったような気もした。
関連記事
2007.01.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1798-bd73f0ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。