晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

          (おいしそう?食べられそう?)

この前(2月18日のブログ)できて
つぶしてもらった背中のデキモノの第2弾。
この前つぶしてもらったときに、
そのななめ横にも小さいものがもうひとつできていた。
それが大きくなって赤く腫れていたので、
病院に連れていった。
(しぼった後のできもの)


(直ったできもののあと)


診察台に乗せて、
「あるはずなんですけど…」といいながら、
ラズムの背中から、デキモノを探す。
これは、思いっきり自慢なんだけど、
ラズムは毛がフサフサなので、
その中から、小さいデキモノを探すのは大変だ。
先生は、「いいですよ。ゆっくり探してくださいね」と言ってくれたけど
なかなか見つからなくて、だんだん顔がひきつり
とうとう一緒にラズムの背中をさぐって一緒に探してくれた。

「ありました!」と見つけたのは先生。
そして、前のように絞ってくれた。
絞りながら、「毛穴からバイ菌が入ると、
体の中の良くないものが集まってきて
こうしてたまって、絞るとこういうふうなものが出るんですよ」と
説明してくれた。

また今回も薬をもらって帰ってきた。
食べ物にデリケートな味覚を持たないラズムは、
薬も「え?入ってたの?」というくらい
フードと一緒にペロっと食べてしまう。
もしかすると薬だけでも食べるかも…と実験。
手のひらに薬を乗せ、ラズムに差し出すと
やっぱり…、食べた。
すごいわ、ラズム。
ガリガリガリと噛んでいる。
「はい、口直しにあげる」とフードを1個差し出すと
噛んでいた薬をぺっとはいた。
おや、味覚おんちでも好みはあるのね。

 (ガリガリガリガリ)

(まずいのか、おいしいのか…)

関連記事
2007.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1851-ce335520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。