晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

           (のんびり犬)

最近、家にいることが多くなったので、
今まで顔を合わすことのなかった
生協の配達の人と話すようになった。

「今までドア越しでしか会えなかったんだよね。この子か~」と
ラズムをなでてくれた。
とても犬好きのようだ。
話を聞くと、ボーダーコリーを飼っているそうで、
ラズムには、親近感があるようだ。
私も、同じコリー系の犬には親近感がある。
近くに住んでいるということだったので
この辺でいい犬の遊び場所を教えてもらった。
そこで自分の犬にフリスビーを教えているということだった。
「シェルティもやってるよ」と言われた。
うちは、「もってこい」もあやしいからと教え方を聞くと、

1.アメとムチ。ほめて怒ってほめて怒って。
2.フリスビーで遊ばせない。
3.フリスビーやボールを持ってきたら、下にきちんと置くまで、投げてあげない。
ということが基本、ということだった。

「フリスビーやボールを取りに行くのは、楽しいでしょ。
きちんと置かないと次にその楽しいことをやってもらえないということを
教えないといけない」
と言っていた。

聞いて、私は「ラズムにはダメだ~」と思った。
だって『フリスビーやボールを取りに行くのは楽しいでしょ』っていうところが
ちがうもん。
ラズムは決して楽しいと思ってないよね。
ラズムさん、フリスビー犬にはほど遠い。
関連記事
2007.04.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1873-b6bc0555
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。