晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

          (あそぼう…)

ウサギのトラッキーの老化が急速に進んできた。
トイレじゃないところでそそうをするようになった。
後ろ足がヨタヨタして歩くのもおぼつかない。
寿命の短い動物にとっては、一日一日早く年をとってしまう。

若いウサギのジャンプ力は、驚くほどだった。
家のなかで、食卓用の椅子に飛び乗るのはあたりまえ。
ピアノの椅子からピアノの上にもジャンプで飛び乗れる。
トラッキーが若い頃、遊ばせるために
囲いとして、車のサンシェイドを立てた。
そのサンシェイドをぴょんと軽々飛び越すことができた。

足のリハビリをしようと
餌を差し出して餌まで歩かせる練習をした。
顔と前足は、餌までのびるのに、後ろ足がなかなかついてこない。
毎日ちょっとずつ練習しようと思っている。
がんばれ、トラちゃん。長生きしよう。

年はとったけど、トラちゃんは、あいかわずのべっぴんさんだ。
トラちゃんの顔洗いは、かわいくてかわいくて
100万回見てもあきないと思う。
本当にそのかわいい顔洗いを100万回見せてほしい。

ラズムにトラちゃんが年をとったことがわかるだろうか?
ラズムはいつでもトラちゃんに振り向いてほしそうなんだけど
相変わらず、トラちゃんは無視だ。
ラズムにとっては、べっぴんさんのトラちゃんは、
永遠の高嶺の花なのかもしれない。
関連記事
2007.05.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1892-f13ef814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。