晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

          (トラちゃんの幽霊か?!!)

トラちゃんの小屋の処分をした。
うちには、玄関に市からもらった「犬」のシールと一緒に
「兎」のシールがはってあった。
「犬」のシールをもらったときに
ずっといるトラちゃんがかわいそうな気がして
「犬シール」を真似して作った私のこだわりだ。
そのシールもはがした。

ラズムはいつも自分のご飯を秒殺で食べ終わった後、
トラちゃんのところへ行って
まだ食べているトラちゃんに
「ちょっとちょうだい」というふうに
トラちゃんの小屋の中にながーい舌を入れていた。
トラちゃんはそんなラズムをからかっているかのように
しらんぷりして、カリカリカリと丁寧に噛んでフードを食べていた。
ラズムは、今も食べ終わると一瞬、トラちゃんがいたところへ
行こうとして、「あ、いないんだ」というように
方向転換して帰ってくる。

私は野菜の切れ端を捨てることにものすごく抵抗があるし、
りんごを切っているときに、
トラちゃんが「早くちょうだい」と
小屋をがんがんがんゆする音が聞こえてこないのはさみしい。
兎は鳴かないから静かというのは、うそだ。
小屋を噛んでがんがんゆする。かなり大音量。
朝ゆっくり寝てるとトラちゃんの「めしめしめし!」と
がんがんがん小屋をゆする音で目が覚めることがあった。

トラちゃんの思い出はいっぱいあって
私もラズムもトラちゃんがいないことにまだ慣れない。
でもね、
ラズムはヨーグルトを分けるとき
トラちゃんの分もちょっと多くもらえてよかったね。
私は、夜のトラちゃんのトイレ洗いが
なくなってよかった。
そう思おうね。
関連記事
2007.05.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1904-d2542291
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。