晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

     (しーらん…)

先日のこと、夜も遅く「もう眠いから寝よっと」と2階へ上がった。
いつもなら、ラズムがトントントンとついてくるはずなのに来ない。
すると下からお父さんの怒る声が聞こえてきた。
「何食べてるの!ラズム」
ラズムが何かを食べているらしい。
犬が答えるわけないでしょうにどうして男の人って
ああいう怒り方をするんだろうね。
仕方なく、下に下りていくと
ラズムがむしゃむしゃ何かを食べている。
お父さんは、もう一度、
「こら、何食べてるの!」

「犬が答えるわけないでしょう」と私はラズムの口から
食べ物を奪い取った。
袋のままの最中だ。
うちにはなかったものだ。
どこにあったんだろう?
周りを見ると、そこにはお父さんの開けっ放しの
ブリーフケース。

さて、その後、
お母さんにものすごーく怒られたのは、
ラズムだったのでしょうか?
お父さんだったのでしょうか?
関連記事
2007.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/1919-8aceeb7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。