晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
080705-1
(犬ブログなので、ぼくのお勧め本ということで…)

土日はブログの休もうかなあって思っていますが、
どうせ、休むんだったら、いつもは「犬ブログ」として遠慮している
本や映画のことを書いちゃおう…とまた書いてしまう私。


で、土曜日の今日は、本の紹介特集です。
最近読んだ本の中から、お勧めできそうな本をど~んとさらっと紹介。

080705-3
【食堂かたつむり 小川糸 著】
あらすじは
「 突然、恋人が貯金と家裁道具をみんな持って失踪してしまい、
声を失った倫子。しかたなく、嫌悪する母が一人住む故郷に戻る。
そして、実家の離れで食堂かたつむりを始める。
ここの料理を食べると、恋や願い事が叶うという噂とともに、食堂は評判になるが…。」

読みながら、「絵本のような話だなあ」と思いました。
絵はないのに、なんだか、ゆったりとした時間の流れと
温かい文章がそう思わせたのです。
ところが…、それだけの本じゃないんです。
ちょっと衝撃的なところもあって、これは大人の本。
お子様の絵本ではありません。
でも、あたたかいものが心に残りますよ。
親から自立をしたあなたにお勧めです。

080705-4
【21tsentey one 小路幸也 著】
あらすじは…
「中学入学の日に担任の先生から「ここに21人が、
今日から卒業までの仲間です。21世紀に21歳になる仲間です。」
と言われる。ただの偶然なのに、特別な連帯感を持った21人。
ずっと仲間だと思っていたのに、その中の一人が自殺をしてしまう…」

3年間クラス替えのない学校だったんですね(笑)。
本の帯を見ると「生きていく意味」を深く問いかける感動作!と
書いてありますが、私は、そこまで感動するには、年をとりすぎていた…(笑)!。
登場人物たちは、25歳になっていて、そのときの問題をいろいろ
抱えているのです。
25歳ってこんな感じだっけ?ちょっとあまっちょろい気がしてしまうんですね、
歳をとった私は…。
作者って若い人かなと思ってみたら、1960年うまれだから、若くない。
じゃあ、すごいなあ、若い人が書いたみたいに
若い人の心が書けるんですから…。
私は、もうこんな感情忘れてました。そのくらいの年齢の方が
読むと感動が違うんでしょうね。


080705-2
【歩いても歩いても 是枝裕和 著】
あらすじは…
「次男の良多は、現在、失業中。再婚し、妻の連れ子がいる。
妻とこどもを連れて、そりの合わない開業医だった父と
長男を溺愛する母の待つ実家へ帰る。
その日は、不慮の事故で亡くなった長男の命日だった。」

これはおもしろかったです。何が起こったというわけでもない
日常の出来事なんですけど。人の心の様子が手に取るように
わかっておもしろかったです。
離れて暮らす実家の親のうっとおしさ…わかるなあ、うまいなあと
思いました。
そして、そのうっとおしさが親が亡くなるといとおしさにかわっていくん
ですね、そういう様子を時間を前後させながら描いて、うまいです。
そして、読んでいくと、心に染みてきます。
映画になっているんですね。観るかどうかは…。
是枝さんの作品は小説の方が好きかも…。
映画監督なのに、すみません。


080705-5
【花よりもなほ 是枝裕和 著】
あらすじは…
「元禄15年、めっぽう、剣術の苦手なさむらい宗左衛門は、
父親の仇討ちのために、江戸に出てくる。
貧しい長屋で人情に囲まれ暮らながら、
だんだん心は仇討ちから
遠ざかっていく…」

これはエンターテイメントですね。落語のような話。
これも映画になりましたね。観てないですけど、
これは映画の方がおもしろいかも…。
(小説もおもしろかったですが)


080705-8
【静かな爆弾 吉田修一 著】
あらすじは…(本の帯から)
「テレビ局に勤める早川俊平は、ある日公園で耳の不自由な
少女と出会う。取材で人の声を集める俊平と
音のない世界で暮らす彼女。やがて恋に落ちる二人だが…」

読んでいて、最初「なんて、静かな小説だろう、音がしない」と
思ったんです。そうしたら、彼女の耳が聞こえないことが
分かり、すごいなあ!と…。
彼女の耳が聞こえないのが文章の静かさでわかるんです。

吉田修一の文章を堪能できる作品だと思います。
繊細でハンサムな文章を楽しんでください。


080705-7
【さよなら渓谷 吉田修一 著】
あらすじは…
「ワイドショーで騒がれている幼児殺人事件。
その渦中の人物の隣に住む若夫婦。
仲のよさそうなその若夫婦には、残酷な事実が
かくされていた…」

ちょっとサスペンス要素もあり、「何があったのか」を
ドキドキしながら、さぐって読めます。
でもただのサスペンスじゃないんです。
せつない、せつない話です。
でも、希望もあります。
あまり説明したくないです、読む楽しみがなくなってしまいますからね。
とにかく、イチオシです。

吉田修一は大好きな作家なので、
ほんとうは、内緒にしておきたいくらいなんです…。


080705-6

ながながと書きましたが、
どれも読んで損をしたと思うような話じゃないと思うので、
気になる本があったらどうぞ。



****************************************************

七夕企画
七夕・ラズムの「あんたの夢をかなえたろか」短冊
あなたにかわって、ねがいごとを
南天飾りに…
7月7日の夜まで受付てます。

シェルティ セーブル *******************************************シェルティ セーブル 

★ブログランキングに参加してます!
    
banatracom

↑↑ブログランキングにご協力をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

これは日本ブログ村ランキングです。
シェルティのブログがいっぱい。

★ポチッ、ポチッってしてくれた方は、ほんとうに、ありがとう!!

★はげみになります!

****************************************************

★「みんなのかるた2」にご協力おねがいします。みんなでたのしみましょ!
「かるた1」はこちら
関連記事
2008.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/196-ebccbdf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。