晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

       (ぼくには、くれへん…)

梨が大好き。
この季節には、せっせと梨を買う。
果物の中でじゃなくて、すべての食べ物の中で
ベスト3に入るくらい好き。
「梨」というと思い出す、あの頃の思い出話をひとつ。

高校時代、私の高校には、何人か自宅から離れて暮らす
下宿生がいた。
仲間の中の下宿生の一人が、ある秋の日、学校に
小玉スイカくらいある大きな大きな大きな梨を一個持ってきた。
「好きって言ってたから、持ってきたよ。
みんなで食べよう」
お母さんが送ってくれたらしい。

なんていいお母さん、今、子を持つ親となった私には理解できる。
たとえ、休みの日に帰れるようなところに住んでいようと
離れて住んでいる息子に早く食べさせてあげたいという
母親の愛情。
そして、そんな母親の愛情を受けて育った息子は、
「みんなで食べよう」と言えるやさしい子に育っている。

みんなで梨を囲んで「でっかー!」「いい匂いするよー」とか
言いながら大喜び。
そこで、いっちばん梨好きと認められている私が
「私が調理室に忍び込んで、皮をむいて、切ってくる。待ってて」と
みんなの期待を背中に受けて、調理室に向かった。


 (ぼくには、くれへん…)

ところが、なかなか帰ってこない私。
「先生にみつかったかな?」「怒られてないかな?」と
みんなは心配して、調理室に私を探しにいくことにした。

そして、調理室の戸をそーっと開けて
「きゃ~っ!!」
みんなは口々に叫んだ。

「何やってんの!!」
「どうして、一人で食べてるの!」

そうです、私は、
調理室に行って、切って、皮をむいて、
梨を一人で食べ始めていたのだ。

最高においしい梨だったけど、冷えてないのが残念だった。


若かったなあ…、わたし。
しっかり成長して、今では、こうして、家族のために
せっせと梨の皮をむいている。
えらいわ~、私。こんなに梨が好きなのに…。

自分に感動しながら、梨をむいては、口に入れ、
梨をむいては、口にいれ、
あれ?
あとこんなけしか残ってない。
これじゃみんなの分足りないね。
しょうがないなあ、全部食べちゃおうっと。


(どうせ、ぼくの口に入る分は、ないし…)


 ← 気が向いたら、ポチッと押してください。
関連記事
2007.08.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2014-4057c50a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。