晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

      (次は、オーシャンズ14+1dogとかで…)

「オーシャンズ13」を観た。
おもしろかったー。
映画の専門家は、なんだかかんだか言うかもしれないけど、
私は無条件に楽しかった。
オールスターゲームを見る気分。
出ている人たちも楽しそうだし、観ている人も楽しい。
それでいて、一流のものを観られるというまさにオールスターゲーム。
観ている間中、私の口元はニヤニヤゆるみっぱなし。

今回のターゲットは、なんとアル・パチーノ。
アル・パチーノもはじけてましたね。
ジョージ・クルーニーやブラピは、歩いているだけで
かっこいいし、
他の映画では、シリアスな主演もしている
ドン・チードルもオーシャンズの一員になりきってる、
バニー・バックも持ち味出してて素敵。
オーシャンズの中では、あのマット・デイモンが
まるで香取「西遊記」の猪八戒のような扱い。
そこがまた、楽しい。
今回、予告編や劇場チラシなどの出演者の中に
ヴァンサン・カッセルの名前がなくて、
12の最後では、「またでてくるぞ」という雰囲気満載だったのに、
もう出ないのかなあと思っていたら、
出てきた、出てきた。
あんな役でも出演をOKしたのね、
おかげで楽しさがアップした、感謝。

アル・パチーノとアンディ・ガルシアとの対面のシーンは、
「ゴッドファーザー!だ」興奮した。

とにかく楽しかった。
オールスターゲームみたいに、一年に一回とは言わないけど、
何年に一回か、またメンバー集結してほしいなあ。



 ← 気が向いたら、ポチッと押してください。



関連記事
2007.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2015-e1193949
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。