晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

      (ぼくの楽園は、ドッグフードのプールかなあ…)

「楽園 上・下」宮部みゆき 著 を読んだ。

「模倣犯」の主人公 ライターの前畑滋子が再び主人公だ。
本の帯によると
『「模倣犯」から9年が経った。事件のショックから
立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、
萩谷敏子という女性が現れる。
12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。
少年は、16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、
それを絵に描いていたという…』

辛い話だった。
私は、母親にとって一番の幸せは、
「子供が幸せになること」、
一番の不幸は、
「子供が死ぬこと」だと思っている。
この小説は、二人の子供の死の話だ。

宮部みゆきは、幅広いジャンルの小説が書ける作家だけど、
私は、その中で
「模倣犯」や「火車」「理由」などの社会派の小説が一番好きだ。
「クロスファイヤー」「龍は眠る」「レベルセブン」などの
オカルトがかった話は、いまひとつ…。
今回は、「模倣犯」の続編でありながら、
経験していないものを絵に描く不思議な力を持つ少年が出てくる。
そこが少しひっかかった。
「模倣犯」系の小説をそちらの小説と混ぜないでほしいと…。
でも、そこは再び、前畑滋子を事件へと向かわせるために
必要な材料だったようだ。

たくさんの事件が起こるといった派手な演出はない。
「なぜ、その少女が殺されないといけなかったか」
という点に絞って書いていた。

新聞では、親が子を、子が親を、兄弟を、という
痛ましい殺人事件が載っている。
その家庭ではどんなことが起こっているのか、
すべは家庭の責任なのか、考えさせられる。
コメンテーターは、家族のあり方について
説いているけど、すべてに当てはまるものではない。
小説の中にもそういう台詞があった。
「身内の中にどうにも行状のよろしくない者がいる。~
家族はどうすればよろしいのです?」
家族だから、よけいにどうすればよいのかわからなくなる。

辛い話だった。そこに「楽園」という題名をつけた宮部さん。
宮部さんも小説の中に出てきた少年が絵を描かずには
いられなかったように、
頭に浮かんでくるストーリーがどんなに辛くても
書かなくてはいられないのかもしれないと思った。


(お母さんが本を読んでいるとぼくは、ゆっくり寝られます。
  でも、ちょっとつまらない…)
関連記事
2007.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2019-73e12f6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。