晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

           (今回も、ぼくの分はありません…)

決して直接的に「梨ください」なんて言っていないのに、
とお~まわしに匂わせただけなのに
うちから1時間くらいのところに住む姉から
「梨はあげられないけど、イカ持ってくね」と連絡があり、
義兄が釣った新鮮なイカを届けてくれた。

ブログの力ってすごい!
ブログをやっててよかったとこんなに思ったことはない。
ありがとう。


(イカは食べられません…)

さて、梨の話。
私ももうあんな大人気ないことはやめて、
家族と一緒に私の大事な梨を食べようと思う。
まずは、娘だ。
自分の部屋で片づけをしていた娘を呼んで
「梨むいたよ~、一緒に食べよう」
おいしいねえ

夕方出かけた娘に代わって、
息子とダンナが帰ってきた。

息子にも「梨むいたよ。一緒に食べよう」
おいしいねえ。

ダンナは、夜ソファで寝ていた。
ひかえめに起こしてみよう。
「な・し・むいたけど…」
うん、寝ている。残念だ。代わりに食べとくね。
おいしい。


(いくつ食べてんの?)

ラズムが何か言いたいような目でこっちをみている。
犬がしゃべれなくてよかったと思う瞬間だ。
仕方ないなあ。口止め料ってわけじゃないけど、
「ラズム、一緒に梨食べよう」
おいしいねえ。


(こ・こんなけ~)

あんなにたくさん買った梨が早くも残り少ない。
なんでだろう?
ここは、もう一回、ブログの底力を信じてみよう。
今度こそ、梨、お願いします。



↑人気ブログランキングに参加しています。ポチッとご協力を!
関連記事
2007.08.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2033-eac4599c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。