晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

      (光輝く王子と呼んで)

源氏物語が大好き。
もしも、源氏物語のことをぜんぜん知らなくて、
読んでみたいけど、難しいかも…と思っている人のために
ちょっと道案内をしてみようと思う。
でも、私はただの好きなだけの素人。
ちょこっとでも源氏物語を知っている人は、
「ふふふん」と鼻で笑って、スルーしてください。
※決してつっこまないように、私、答えられません。

たまに「教養のために『源氏物語』でも読んだら?」というような
時代錯誤な会話を聞くことがあるが、
とんでもない。
源氏物語は、そういうお話じゃない。


前に「パフューム」のときに、
スーパーマンの話を読むのはおもしろいということを書いたけど、
まさに、源氏物語はそれ、
「光源氏」という日本の歴史上(架空の人物ですが…)
最高級のスーパーマンのお話。

それにプラスして、ヒロインたちがものすごく魅力的。
いろいろなタイプの女性が出てくる。
奔放な人、控えめな人、子供に情熱をかける人、
古風な人妻、家庭的な人、文化サロンを開くくらいの教養がある人、
センスもないブサイクな人、おばあちゃんなどなど
それぞれの性格づけがすごくおもしろい。

さらにプラスして、源氏の親友、息子、孫の代に至るまで、
すべてイケメンぞろい。
今はやりのイケメンドラマを1000年以上前から
やっていたわけだ。

">

光源氏は、
顔は生まれつき、光り輝くように美しく、
絵を描いても、その絵を見た人が感動のあまり涙を流し、
踊りを踊っても、そこだけが光輝いているように見え、
着ていた着物の匂いも最高、
字もうまく、センスもよく、誰にでも気配りが行き届くという
ありえないほどのスーパーマンなのだ。

天皇がこの上なく愛した美しい女性。
それが光源氏のお母さん。
そのお母さん、天皇に愛されるあまりに
周りの人の嫉妬やいじめで病気になってしまい、
源氏を産んですぐに死んでしまう。
光源氏は、母の愛を知らない子なのだ。
この不幸な生い立ちが、スーパーマンぶりに加えて
母性本能をくすぐるエッセンスとなっている。

そして、その後、天皇は、
光源氏のお母さんにそっくりな人をみつけ、結婚する。
源氏は、母の面影を重ねながら、
その義理のお母さんに恋をしてしまう。
かなわぬ恋の穴埋めをするように源氏の恋の遍歴が始まる。
やがて、源氏の義母への思いが高まり、
ついに…。

そうなのだ、源氏物語は、ドロドロ愛憎劇なのだ。
決して、教養のために読むというような話じゃないでしょう?


まず、源氏を読もうと思うとその長さに躊躇すると思う。
そこで、オススメは、最初はダイジェスト本で読むこと。

私は、村山リウの「説き語り源氏物語」や
円地文子の「私の古典「源氏物語」」といった
完全訳ではない、ダイジェスト本から入った。
ダイジェスト版だけでも、すごくおもしろい。

とにかく、世の中に源氏物語関連の本は、いっぱいある。
まず、外堀からせめてみよう。

そして、ストーリーを頭にいれてから、
完全訳(これもたくさん出ている)を読んだ方がいいと思う。




関連本で、私が特に好きなのは
「源氏の恋文」「源氏の薫り」尾崎左永子 著
 これは、源氏物語の中の、恋文とお香について書いた本
「愛する源氏物語」「ひかりそえたる」俵万智 著
 これは、源氏物語の中に出てくる歌について書いた本

こういう関連本が出ていることでもわかるが、
源氏物語は、ストーリーを味わうだけでも
十二分におもしろいけど、
その中の歌、香、調度品、着物、歌を書いた紙、木々、色、歴史と
どの部分をとっても味わえる物語なのだ。

一度足を踏み入れたら、一生楽しめること、間違いなし。


源氏物語を読んで、驚いたのは、1000年以上も前に
書かれているのに、女性の心ってぜんぜん変わらないんだなあと
いうこと。
1000年も前の女性に心があるなんてことを、
考えてもいなかった。
その時代の女性の恋や愛、嫉妬や悩みや不安、子供への思い、
それだけでも触れる価値があると思う。


(ほら、ぼく、光り輝いているでしょ!)…台風一過の空

                                    *************************************************

「みんなのカルタ」やってます。協力をお願いします。


↑ブログランキングに参加しています。よかったら、一日一回ご協力をおねがいします。

関連記事
2007.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2046-7b139e24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。