晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

        (はじめまして)
     …ブリーダーさんのお宅で抱っこさせてもらって

家族の話によると、私は小さいころ、
「ラッシーのまね」と言って
テレビ台の下に寝ていたらしい。
物心つく前からのラッシーファンだ。

小学校のころ、ずっと犬が飼いたくてしかたがなかった。
修学旅行に行くころまでには、うちには、犬がいると思い込んで、
修学旅行では、犬へのおみやげを買うんだと心に決めていた。
犬の名前もあれこれ考えていた。
そして、小学校6年生の誕生日、
念願の犬を飼ってもらえることになった。


(ブリーダーさんのお宅に行って面会…この子です)

誕生日に父親と一緒にペット屋さんに犬を見に行った。
鳥が主のお店で、犬はたった3匹。
それも3匹とも同じ犬種で、
私はどうしても、その犬種が好きではなかった。
「犬は、また今度」とその日は、買わないで帰ってきた。


(ブリーダーさんのHPに載っていた写真。向かって左端がラズム)

その後、父が病気になって、亡くなったので、
あのとき、犬を飼っていたら、
犬にもかわいそうなころになっていただろうから、
飼わなくてよかった。
結局私の子供時代は、犬を飼うことができなかった。

大人になってからは、子育てと仕事、
それに、母が一人暮らしをしていたので
いつ駆けつけなければならないかもしれないという考えが
頭の中にあって、なかなか犬は飼えなかった。


(ブリーダーさんのHPに載っていた写真。どれがラズム?)

そして、母が亡くなった。
まだまだ死ぬような年じゃなかったし、急逝だったので、
私は、想像以上にうちのめされてしまった。
どうしても立ち直れなくなってしまった。


(どれがラズム?)

そこで、生活を変えようと転職をした。
新しい仕事は、最初シフトになかなか入れてももらえなくて、
出るのは、月に数回。(そのあと、大変になったんだけどね)
これなら、犬が飼える!と思った。
そして、犬を飼うことにした。

毎日、毎日、インターネットで犬探し。
犬種選びをしていても、それは、女の子の恋占いのようなもの。
自分に都合のいいように解釈して、
結果は自分の思い込んだ方向へ。
それが、シェルティ。
だって、物心つく前からのラッシーファンなんだから。
コリーのような大型犬は、無理だけど、
コリーにそっくりなシェルティの
あの容姿に、ずっと恋をしていた。
運命なんだと思う。最高のブリーダーさんにもめぐり合えた。

ラズム、君は、知らないだろうけど、
君に会うために、私は、何年待ったんだろう。
そして、君は、来たときから、
私のセラピードッグだったんだよ。




*************************************************


「みんなのカルタ」やってます。協力をお願いします。



↑ブログランキングに参加しています。よかったら、一日一回ポチッをおねがいします。
(いつの間にか、急降下、とほほ…状態です。ご協力をお願いします)
関連記事
2007.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2058-522224f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。