晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

     (エントリー?1 ロボロフスキー)

ウサギのトラちゃんを飼う前、
ロボロフスキーというハムスターを飼っていた。

※最近回顧シリーズが多いのは、
 ネタがないのね、と思わないように…。


《とにかく小さい》

ロボロフスキーは、ハムスターの中では
一番小さいかわいい種類。

縁があって、うちに来た最初の
ロボロフスキーは、「めそ」と名づけた。
※分かる人には分かる、当時ジャンプで連載していた
「すごいよマサルさん」から、とった。


《とにかくかわいい》

「めそ」はそれまでの飼育環境が劣悪だったところからきたので、
とにかくなつかず、人の手を見ると逃げるちょっと臭い子だった。

「めそ」にお嫁さんをあげようと
ペットショップでもう一匹メスのロボロフスキーを買ってきた。
その子が「けら」。


《ママは、赤ちゃんを育てています》

「けら」は良くできた子で、すぐ人の手の上に乗ったし、
ひざに置くと、上まで上ってきて、肩に乗ったり、
かわいかったな。

そして、一緒にするとすぐに子供ができた。
「にこ」「つん」「ぷん」となづけて、かわいがった。
その後もどんどん子供がふえて、
それ以上増えても困るので、
男の子と女の子を分けて飼うことにした。


《パパは、子供を無視して遊んでいます》

普段は大きいケースで飼っていたんだけど、
お出かけのときは、小さいケースに入れて、
新幹線にも乗せたし、お泊まりもしたし、
一緒に引越しもした。
かわいい家族の一員だった。

でももう増やさないことにしていたので、
それぞれ、寿命がつきて、うちのロボロフスキー生活は終わった。


《ママは子供の面倒を見ています》

ラズムのおでこの毛をくちゃくちゃとすると
ロボロフスキーみたいになる。
ラズムの頭をいっぱいなでて、
「ロボロフスキー!」と言いながら遊ぶのは、
細かすぎてうちの家族にしか伝わらないモノマネだ。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《おまけ》

昨日、えっつーさんのブログのコメントで
「私も明日ケーキ買います」と宣言したので、
買ってきました。横浜「霧笛楼」のケーキです。



4人家族なのに、5つ買ってきました。なんでだろう??
(もう一個どれ食べようか迷い中。)


*************************************************


「みんなのカルタ」やってます。協力をお願いします。



↑ブログランキングに参加しています。よかったら、一日一回ポチッをおねがいします。
関連記事
2007.10.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2075-0a2f9c7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。