晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

      (グッド・シェルティ)

「グッド・シェパード」を観にいった。

CIAの誕生に関わった、一人の男の物語。
監督が、ロバート・デニーロ、主演がマット・デイモン、その妻に
アンジェリーナ・ジョリー。
あらすじは…
「 エリート大学生のエドワードは、
国から諜報部員としてスカウトされ、
それ以来、国のために諜報部員として生きていくことになる。
1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った
上陸作戦がCIAの情報漏れにより失敗した。
そして、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元に
CIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。
エドワードは、その分析を試みる。
その分析が、いきついたところは…」


(ベター・シェルティ)

予告編を含めると3時間ある映画、
派手なアクションや、サスペンスはないのに
その間、ずっと緊張感が漂う。
うわついたところが全くない、まじめで静かな映画だった。

この映画を楽しむために、
最低限でいいから、CIA、FBI、KGB、
キューバ危機とは何か、くらいは
知っていないときついと思う。
あと、映画の中で年代が前後するので
「○○年」というのをしっかり見ておかないといけない。


(ベスト・シェルティ)

アメリカの裏側、CIAのドラマでありながら、
エドワードと父、エドワードと息子、
父と子のドラマでもあった。
見ごたえのある映画で、見終わった後、すごく疲れた…。


(バッド・シェルティ…)




《おまけ ~コメントまで読んでいない人のために~》

先日、ラズムが走っているところの写真で
毛をなびかせて走るところをほめてもらったのですが、
私は、どうしてもウルトラマンに出てくる、
あの怪獣を思い出してしますのです。
これです。↓

http://www.chara-net.com/item4129.html


         *************************************************

「みんなのカルタ」やってます。協力をお願いします。



↑ブログランキングに参加しています。よかったら、一日一回ご協力をおねがいします。
バッドラズムにも清き1票!



↑これは日本ブログ村ランキングです。こっちも参加してます。
関連記事
2007.10.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/2091-285d8014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。