晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
080924-2
(ぼくは、おりこうに留守番でした)


横浜美術館の特別展「源氏物語の1000年」を観てきました。

前にも書きましたが、「源氏物語」が大好きなんです。
だから、この特別展はずっと前から、楽しみで楽しみで。
この展示のポイントは、「源氏物語展」ではなく、
「1000年」というところ。
1000年ものあいだ、この物語がどうやって愛されてきたか、
それぞれの時代背景の中での源氏ということに
重点を置いた展示だったように思います。

室町時代だろうが、江戸時代だろうが、私たちからしたら
十分古典の世界。その時代の中でどういうふうに源氏が受け入れられて
描かれていたかというのがおもしろかったです。
浮世絵の源氏なんて、女三宮の髪型が江戸時代の髪型だったり、
現代としては、「あさきゆめみし」も展示されてましたよ。

080924-3


源氏物語絵巻の絵が本当に好きなんです。
子どもが幼稚園のとき、何十年に一度という源氏物語絵巻が一同に
そろうという美術展があって、
子どもを幼稚園に送り届けて、その足で、美術展に向かいました。
いくと、そこは長蛇の列。何時間待ちという状態だったんです。
まわりは、おばちゃま、おばあちゃまばっかり。
当時の私は、まだ若く、ぺちゃくちゃおしゃべりに花を咲かせる
おばちゃんたちの中で何時間も一人でぽつんと
並んでいましたが、
こんなに源氏物語絵巻がすきなんだから、もしかして実物を見たら
感激で涙がでるかもしれないと心の中は、ワクワクとしていたのです。
ところが、
待っても待っても、なかなか入れず、とうとう幼稚園のお迎えの時間が
せまってきました。
ようやく、中に入れるというとき、お迎えのタイムリミットが近づいてきました。
あんなに並んだのに、見たのは駆け足。
じっくり見入っている人たちの後ろから、ざ~~っと走ってながめて
すぐに美術館を出て幼稚園に向かったのでした。

080924-4


あれから、○○年、
源氏物語絵巻原本はありませんでしたが、
展示内容は、見ごたえがあり満足でした。
昔の衣装の展示があり、
ナフタリンのにおいがぷんぷん、
それは、その衣装のにおいなのか、まわりにいた
おばちゃんたちのにおいなのか…。
あいかわらず、見学者は、年配者の多い展示です。
そういう私もまわりの人たちに同化できる年齢になってきました。
とうとう、ゆっくりこういう美術展を見られる年にもなったのです。

え?
いえいえ、ぜんぜん、ゆっくりはできません。
うちには「ラ」のつくあのこが待ってるから
今日もさっさと帰ってきました。

*******************************

080924-1
関係ないですけど、ランドマークにこんなオブジェがありました。
横浜トリエンナーレ(現代美術展)開催中なので、その作品の一つなんです。
こちらもゆっくり行きたいなあ。




シェルティ セーブル ******************************************************シェルティ セーブル 

★ブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!
    
イスバナー

↑↑ブログランキングにご協力をお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

これは日本ブログ村ランキングです。

★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

****************************************************

★「みんなのかるた2」にご協力おねがいします。みんなでたのしみましょ!
「かるた1」はこちら
【お知らせ】
「みんなのかるた」プレゼント付大募集を計画中です。
年末くらいに実施予定です。待っててね。
それまでにいいかるた考えておいてくださいね!



関連記事
2008.09.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/283-78c27eef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。