晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
犬を飼っていないとき、
犬を飼っている人が自分の犬を
雑に扱うのがうらやましくて仕方ありませんでした。

例えば、
耳をべろ~んと裏返してみたり、
口の中に手を入れて中を見てみたり、
手足をもちあげてみたり…。

090617-2


今となっては、決して雑にあつかっているわけではないことがわかりますが、

「え?そんなことして大丈夫なの?」
「怒って噛まれないの?」
「そんな持ち方して手足が折れちゃったらどうするの?」

犬に対しての力の入れ加減がわからなかった私は
見ていてハラハラ…。
人と犬との愛情と信頼と慣れとが凝縮されたようなその行いが
とてもとてもうらやましかったのです。


090617-1


ラズムがうちにやってきて、
晴れて私はそういうことができるようになりました。

耳をびろ~ん、
髭をチョキチョキ、
しっぽをもちあげて、「お尻を見せてごらん」

090617-3


今でもそういうことをするときの私は
心の中で、
自由に自分の犬を触れる喜びを感じながら、
昔の私のような犬に慣れていない誰かに
自慢している気分になるのです。

ほら、私とラズムすごいでしょ?
こんなこともできるんだよ、やらせてくれるんだよって。


090617-4






******************************************************

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!


burogumura1

★↑↑日本ブログ村ランキングです。



banaronegai

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。

★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!
関連記事
2009.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/562-2fd46e99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。