晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
100111-1
(留守番だったんだよ…)


金曜日に、夫の実家から連絡があり、
親戚のおじさんが亡くなったので、
お葬式に出てほしいということでした。

三連休ということもあり、夫はさっそく出かけました。

連休で子供たちにも用事があり、ラズム番がいません。
そうなんです、
実はラズムは「番犬」ではなく、「犬番」が必要な犬なんです。



こういう事態になると、ほんとうにラズムをこういう犬にしてしまったことが
悔やまれます。
やさしいペットホテルのお姉さんとか
近所の散歩で会う人とか
小さいころからラズムがなついている
「他人」で安心して預ける人を作っておかなかったのが失敗です。

もういまさら手遅れのような気がします。
ラズムは、他人には預けられない犬だと思います。
たぶん、ショックで病気になってしまいそう…。


実家に白い目で見られようが、そこは私は折れず、
わたしだけ、日帰りで葬儀のみ出席ということにしてもらいました。
大きな声では言えませんが(ここだけの話、内緒ですよ)
葬儀のことより、ラズムのことが心配なのです。

100111-2
(ぼくは、強い犬だからね)




日帰りにしてもらったとはいえ、長時間留守番です。
朝、5時に目覚ましをかけおきました。
夏にも出かけるときは、5時に起きて散歩に行ったことがありますが
冬の朝5時ってこんなに暗いんです。
まるで夜です。
月も星も煌々と輝いています。

暗いときに散歩されてる方が、うんちをとるのが難しいとおっしゃっていたのが
納得。
でも、暗くてもちゃんとおなじところでおしっこをして、
うんちもするんですね。

「寒いね~」「暗いね~」といいながら
散歩を終了。

いつもなら、その後ご飯ですが、
まず、私が着替えます。
日帰りなので、喪服を着ていきます。

喪服は、そうなんです!!
ご存知のように、喪服には「毛」が天敵!!

喪服の上に早々コート(黒ではない)を着て
「毛」を防ぎます。
準備を全部してから、ラズムにごはんと留守番用のおやつをつめたコングを
おいて、
「待て」をさせて、
私が玄関に出て
「よし」と言って
出かけました。


100111-3
(留守番なんかぜんぜん平気なんだけどね…)



ず~~っとラズムのことが心配でした。

帰ってきて、ラズムの元気な顔を見てやっと安心です。


100111-4
(おかあさんは、ぼくがいないとさみしくて仕方ないんみたいだよ…)


いつもは、留守番中、きちんとトイレにおしっこがしてあるのですが、
今日はぜんぜん違うフローリングのところにしてありました。

どうしてなんでしょうね。
これは2回目のことです。

前は、荒天で電車が止まるような日に留守番をさせたときです。
植木鉢や、裏の戸が壊れていたのでその音が怖かったのかなと思いました。
今回は、まだ暗い時間にごはんを置いてでていったのが
普通じゃないことだとわかっていたんでしょうね。

いやがらせでしょうか、恐怖でしょうか。
どっちにしても、元気でいてくれたからよかったです。


*********************************************************

BBSにみむめ母さんが送ってくださった
写真をアップしました。

ほむらさんが年賀状にラズムの絵を描いてくださってので
アップしました。

BBSをごらんください

*********************************************************

ようやくホームページが全面復旧となりました~♪
新しい情報はありませんが、よかったらおひまなときにご覧ください。

*********************************************************



【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

ことしもよろしくお願いします。
留守番がんばったラズムにごほうびのポチッを!!

shikabanar

★↑↑日本ブログ村ランキングです。



★↑↑
ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!



関連記事
2010.01.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/777-cac76766
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。