晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
遅ればせながら、「アバター」を観てきました。

ひとことで言えば、すごかった~。
やっぱりこれは、大画面で3Dで観なくっちゃね。


100120-1
(ぼくがストーリーの説明をするね。前のが本物の僕で、
 後ろのがぼくのアバターです)


最近流行の3D、予備知識なしで行ったのですが、
これからの映画の主流になるとかいうので、
映画そのものが特殊な方法で3D化されているのだと
思ったら
(映画じゃないけどどこかでそういうのをみたことがあるような…)、
昔から変わらず、ちゃんと3Dメガネをしないといけないのでした。
そこはちょっとがっかり。
むか~し、ディズニーランドで「キャプテンEO」を観たよね。
あの方法から、進化はなしでした。


100120-3
(本物の僕が、寝ている間に、アバターの僕が戦ったりします)


困ったことに、私、映画をみるときはメガネをかけるんです。
まわりを見回して、ほかにもメガネの人がいますね、
みんなメガネの上からかけるのかな?
私は、強くない近視なので、メガネをかけなくてもみえるんだけど…。
はっきり観たいので、メガネの上に3Dメガネをかけてみました。
3Dメガネは、どんな人にも合うように、大きくできているんです。
だから、メガネの上からでも余裕でかけられます。
でも、重かった…。メガネの上に3Dメガネ、
さすがに鼻がかわいそうなくらい重かった…。
こんなメガネがなくても、3D映画が観られるといいのにね。

お話は、昔からよくあるといえばよくある、
原住民を軍隊が襲い、その原住民に心を奪われる軍隊側の主人公と
恋に落ちる原住民の娘、という感じでしょうか。
書いてしまえばそれだけですが、
見せ場はいっぱいあって、あきさせません。

100120-2
(アバターの僕は、とっても強く勇敢です)



とにかく映像がすごい。
幻想的なアバターの世界、
山、谷、聳え立つ巨木、その間を飛ぶ鳥、
圧倒的な戦闘シーン、
それが3Dで映しだされるのですから、
これを観るだけでも価値はあります。
おなかいっぱいという気持ちで帰ってくることができました。


100120-4
(最後、アバターの僕と本物の僕はどうなるのでしょう…。
 それは、観てのお楽しみ!!)





*************************************************


【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

ご祝儀はポチで!!
nenshibanar


★↑↑日本ブログ村ランキングです。


hipparibanar

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

関連記事
2010.01.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/786-db3429ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。