晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
100125-4
(こんな道をおりこう~~に毎日歩いているよ)


チョークカラーからハーネスに戻したということは
この前書きました。
(これまでのことは、「カテゴリー:chaokecollarで…)

知り合いが獣医さんに「チョークを使っていると
眼圧があがって、緑内障を起こす危険性がある」と
言われたというのを聞いたからです。


でもすべての犬がそうであるわけではないし、
もしそうなら、もうちょっと世間が騒いでいますね。
発売も中止になっているかもしれません。
あまり、ほかの人からは聞かない話なので、
ヒステリックに騒ぐことはないと思います。

でも私がそれを聞いたときは、
知り合いのわんこや富士丸くんの急死の後だったので
(その子たちの死は、チョークとは関係ありませんが)
ラズムのためによくないことはしたくないと
すぐにハーネスに戻しました。

100125-3
(学校のまわりの歩道のない道がぼくのとびつきポイント)


ところが!!!
ラズムさん、しっかり身についた思った
おりこうウォークが、だめになってきました。
一番恐れていた「車へのとびつき」をはじめたのでした。

緑内障になる危険性よりも
車に飛びつこうとして起こる事故の危険性の方が
はるかに確立が高いと判断しました。

実際、ヒヤリどころか危機一髪という危険なことがあったのです。
1台目にとびつこうとしたのを阻止したあとで
すぐに2台目がきたのです。
飛び出していたので、2台目にひかれそうになったのです。


100125-2
(緊張感なく、歩いているとおかあさんを油断させておいて…)


そこで、チョーク復活してみました。

使うチョークは、なるべく首に負担のない太いチョークにしました。

で、首にかけると、久しぶりでしたが、
ラズムはいやがることはなく、
普通に歩きます。

普通にというより、おりこうに!です。
今までの訓練は覚えているんですね。

やっぱりチョークをつけているというだけで
緊張感があるのでしょうか、
車にもとびつかないのです。

おそるべし、チョーク効果。

車に飛びつくこともなく、おりこうに歩けるなら
首がしまることもないので
(チョークはゆるんだまま)
ラズムの体への負担もないはずです。

ただ、チョークをつけているときに
一番心配だったのは、
隣の犬の前を通るときです。

ものすごくひっぱるので「ラズム、死んじゃうよ~」と思うくらいでした。
(実際には、ストッパーがつけてあるので
ある程度までしか閉まらないようになっています)


100125-4
(ボタンでストッパーをつけています。…黄色い丸の部分)


そこで、隣の犬の前を通るときは、
ハーネス、ロングリードで遊ぶときもハーネス、
車にとびつくところだけチョーク
(とびつきポイントがあります)
と使い分けることにしました。

これで、首が絞まる危険性も
車に飛びつく危険性も
2つの危険性が減るわけです。

ちょっと面倒なんですけどね、ラズムのためなら仕方ない…。


100125-1
(ぼくは、こんなにおりこうなのにね…)


参考
http://www.vets.ne.jp/log/search/data/1100/200709/36.html


*************************************************


【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


hipparibanar

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

関連記事
2010.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/791-7e8d4685
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。