晴読雨読、時々映画。シェルティ・ラズムと暮らす日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
100130-4
(この本のお話です)



ラズムのごはんを手作り食にしていますが、
みなさんご存知のように、「超適当」な私は、
難しいことを考えて作っていません。
難しいことを考えようとすると、
私の脳には、強化シールドが自動装着されるようで
受けつけません。


なにしろ、犬の手作り食においての私の座右の銘は
「味噌汁ごはんだけで20年生きた犬がいる」
ですから。

もちろん、味噌汁ご飯は食べさせていませんが、
そんなに神経質にならなくてもいいんだよね、という気持ちで
ラズムの体にいいもの(と言われているもの)をバランスよく選んで、
気楽にやっています。

100130-1
(ぼくのごはんは、食材によってこんなにどろどろのときもあり…)
(※ラズムが消化しづらい食材のとき))


参考にしている本は、右のAmazonnのコーナーにあるような本です。
須崎さんの本は、「難しくないよ~、気楽にやっていいんだよ~」って
いうスタンスなので、
私に合っています。
たまには、セカンドオピニオンのつもりで
ほかの本もちらほら見たりはします。

その中で、気になるコピーのついている本を発見!
「手作り食があわない犬種がいる」

え~!!
どの犬種だろう…

「愛犬のために作るほんとの手作り食!」 長瀬雅之 著

いろいろネットで検索してみましたが、中身は載っていません。
レビューを調べましたが、その部分はふせてあるようです。
(ケチですね)
そこで、図書館で借りてきました。
(私もケチですね)

まずは、シェルティではなく、一安心。

100130-2
(こんなつぶつぶのときもあります)
(※ラズムが消化しやすいもののとき)


読みながら、ちょっと頭にシールドがかかってきたので
詳しくは理解していないかもしれませんが、

・すべてのわんこに適した単一の手作り食はない。

・どうしても一般的な手作り食では歯が立たない特定の犬種、
 それは、ワイヤー・フォックステリア。
(理由は、白米、いもなどの炭水化物の代謝が特殊だから)

・ウエルシュ・コーギーとミチュア・シュナウザーの中には
 手作り食を続けているとちゃんと食べさせてもやせる子がいる。
(理由は、アミノ酸の代謝が他犬種と異なる)

・とはいえ、それらの犬も手作り食がだめということはない。
 きちんと考えて作れば、効果がある。ただ注意が必要である。

・ひどいアレルギーになる子が多いワイヤー・フォックステリアは
 手作り食で軽減されるし、コーギーはアトピーや尿結石になる子が
 多いが、手作り食で治る子が多い。

・肝臓疾患・膵臓疾患・腎臓・泌尿器疾患のある子は、手作り食に注意が必要。


…というような内容でした。

これらに気になる子は、この本を手に取ってみてはどうでしょう?
そのほか、アレルゲンについても詳しく載っていましたよ。


100130-3
(ぼくは、どちらも好きだよ)



確かに、手作り食にしてもドッグフードにしても、
同じように食べても、太る子、やせる子、病気になる子、なんともない子
いろいろですよね。


自分の子のようすは、自分が一番わかるはず、
私も注意していこうと思っています。

とにかく、今は、頭のシールドを解除することなく
(解除の方法を知らないよ~)
簡単手作り食で大丈夫のようです。
ホッ。


100130-5
(食べられれば、なんでもいいよ…)







*************************************************


【ここまで読んでくださって それだけでも ありがとう!!】

★★2つのブログランキングに参加してます!
  ポチッとしていただくことで、燃えますよ~!!

baseballbanar
★↑↑日本ブログ村ランキングです。


hipparibanar

★↑↑ブログランキングにもご協力をお願いします。


★パシパシ押して下さった方は、ありがとう!はげみになります!

関連記事
2010.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://razumu2004.blog51.fc2.com/tb.php/795-4a839cf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。